「かからない」、「うつさない」ように十分注意してください

 感染症情報令和元年第50週(12月9日~12月15日)で、インフルエンザの定点当たり患者数が18.06人(定点数87か所、患者数1,571人)となり、注意報の基準である10人を上回ったことから、長野県からインフルエンザ注意報が発表されました。
 また、北信保健所管内では11.40人となっており、注意報基準を上回っています。
 今後1か月程度は大きな流行が懸念されますので、次の点に留意して、「かからない」、「うつさない」ように十分注意し、感染拡大防止に努めてください。

かからないようにするために

  • 流水や石けんを使って十分な「手洗い」を行いましょう。
    アルコール製剤による手指消毒も効果があります。
  • 十分な休養やバランスの取れた栄養摂取により、体力や抵抗力を高めましょう。
  • 乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度を保ちましょう。
  • なるべく人混みに出かけることを避け、やむを得ず人混みに入るときにはマスクを着用しましょう。

うつさないようにするために

  • 具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。
  • かかってしまったら早めに休養し、睡眠を十分とりましょう。
  • 水分を十分に補給しましょう。
  • 咳やくしゃみがある場合には周りの方へうつさないよう、マスクを着用しましょう。(咳エチケット)
  • インフルエンザと診断されたら、学校や職場は休みましょう。

長野県感染症情報

 

【出典:中野市「インフルエンザ注意報が発表されました」

LINEで送る
Pocket