州たかやまワイナリーのワインが全国ネット「メレンゲの気持ち」で放送されました。

当店から車で30分ほど。信州北部、北信五岳を望む標高680m高山村黒部地区にワイナリーがあります。

https://img21.shop-pro.jp/PA01340/200/etc/pagetakayama1.jpg?cmsp_timestamp=20191217170554

2004年、国産ワインコンクール金賞受賞をきっかけに、高山村がシャルドネの産地として注目を浴びます。

カリスマ栽培家を擁し、2006年には「高山村ワインぶどう研究会」が発足、栽培家、醸造家、そして行政も含めて村をあげてワイン産地形成への夢がはじまりました。そして2015年、村の支援のもと、13人のぶどう栽培者が出資して「信州たかやまワイナリー」が設立されました。地道な活動と情熱があったのは勿論ですが、立ち上げから僅か3年で仕込量が2.5倍という数字は栽培、醸造、販売という其々のプロの方々の仕事の質が非常に高い事が結果として表れているのではないでしょうか。

 

毎年お招きいただく取引関係者のみのプリムールテイスティングは栽培家の皆さんのご苦労や詳細な情報、今後の醸造計画や発売直前のワインテイスティング等、小売店に対しても素晴らしいご対応をいただいております。業界でも早くから注目はされておりましたが、先日とうとう全国ネットで・・・出ちゃいましたよ。「メレンゲの気持ち」。単なる旅ロケ番組のついでに紹介されたのではなく、オススメグルメ珠玉の10品SPのタイトルの元、絶賛されたワインがこちらの「信州たかやまワイナリー ソービニヨンブラン 2018」です。番組では「前の晩5本飲んでも翌日シャキッと起きられる」とのコメントでしたが、透明感のある色あい、黄りんご系の香り、フレッシュでありながら柔らかな酸と甘み。後口が綺麗でさらりとして確かに「わかる~」と思わせる表現でした。

ソービニヨンブランは今年さらに造りが2倍になると仰っておりましたが、こちらの2018は今回のテレビ放送後えらい事になってしまい、忙しい中お電話で在庫をお伝えいただき、何とか在庫を確保出来ました。ご連絡頂いた時点では「後3日程で終わってしまいます」との事でしたが、結果1日も持ちませんでしたね。ワイナリー様の在庫は完売となりました。食前酒からいける白ワイン。層になって重なり、増してくる味わいの豊かさを楽しめる逸品。是非お確かめ下さい。

 

LINEで送る
Pocket