快挙です!

「全国きき酒選手権大会」をご存じでしょうか?

これは全国の蔵元が所属する日本酒造協会中央会が日本酒文化の普及・振興を目的に1981年にスタートし主催するもので、今年で38回目を迎える歴史ある大会です。

アマチュアを対象に、各県予選を突破した代表者が、日本酒に関する筆記試験と、7種類の日本酒について味や香りを確かめながら判別する“きき酒”を実施し、きき酒日本一を競います。(要は日本酒飲みの地区大会勝ち上がり、甲子園みたいなもの)ただ酒の飲み見比べをするだけではなく、7種類のお酒をきき分けるだけでも大変なのに、日本酒における文化や知識の深さも必要とされるガチンコ勝負なのです。

この大会に地元から地方予選を勝ち抜き県の代表となられた「高橋嗣明」さん。当店のお客様であり、私の健康管理をしていただいている「たかはしクリニック」の院長さんでもあります。県の代表だけでも凄い事なのに、全国大会は各県から2名の代表が出場し総勢100名近い出場者の中で見事優勝されました!!(拍手!)

    

 

全国レベルになると筆記試験はもちろん、官能試験のきき酒も7種類全問正解は当たり前だそうで、今回も1順目で7種類全部を当てた人は14名いたとか。高橋先生は2巡目も全問正解だったといいます。このきき酒、私も仕事柄やりますが、かなり難しいんです。色、香り、含み香、インパクト、味わい、余韻、一つ一つ確認しながら酒を利くんですが、数が多いと集中力が続かない。

しかも全国の決勝戦、あの緊張感の中で繊細な味わいの違いを見つけるのは本当に難しいと思います。その中で何と優勝の快挙!いや~ちょっと鳥肌もんです。先生凄いですね、本当におめでとうございます!御祝に特別なお酒奮発しますね!

優勝トロフィーとメダル

優勝の賞状

喜びの記念撮影

 

LINEで送る
Pocket