11月9日放送のNHK総合テレビ「ためしてガッテン」で、えのき茸をペースト状にして、1時間煮詰めて凍らせた「えのき氷」の機能性(わずか2ヶ月でコレステロール、中性脂肪の値が大幅に改善)が紹介されました。
同番組は毎週水曜日の夜8時から放送されている科学情報番組。番組名のとおり、ふだんの生活の「なぜ?」「どうして?」について、最先端の科学とユニークな実験でためしてみて、合点がいくまで徹底調査。
放送では、「えのき氷」のヒト試験の中間結果をはじめ、えのき茸をはじめとするきのこ類の新しい食べ方も紹介されました。「えのき氷」のヒト試験の取組み内容、中間結果は以下の通りです。

●「えのき氷」ヒト試験の中間報告について

●「えのき氷」の作り方はこちらから
(煮詰めて成分を抽出し、冷凍し細胞壁を分解)

 

なっちょぽーたる|ホーム

LINEで送る
Pocket