4月21日(日)まで亨保雛(きょうほびな)を展示中!

江戸時代のひな人形・亨保雛(きょうほびな)を博物館エントランスにて展示をしています。

約8年ぶりの展示となります。

享保雛は、江戸時代享保年間(1716年~1735年)以降に制作されたひな人形で、面長に切れ長な目、

大型でとても豪華な姿が特徴です。この機会にぜひ、見ごたえのある亨保雛をご覧ください。

 

■ 展示期間: ~4月21日(日)まで 

■ 開館時間:午前9時~午後5時(火曜休館日除く)

■ 観覧料:
  <常設展示室> 一般 200円・高校生 100円
  <プラネタリウム> 一般 400円・高校生 200円

 

🎎 問い合わせ:中野市博物館 ☎0269-22-2005

 

【記事出稿:なっちょ合同会社】

 

LINEで送る
Pocket