日帰りツアー企画しました!

【信州なかの 農業・農村暮らし体感ツアー】第2弾
シャインマスカットの季節です。秋の信州なかのを体感できる日帰りツアーを企画いたしました!

「移住してみたい」「農ある暮らし」ってどんな感じ?
移住、就農などに興味を持たれている方をターゲットにした、「ちょうどいい田舎」なか信州なかのの魅力をお伝えする内容となっています。

お薦めポイントはコチラです↓↓↓
◎シャインマスカット荷造り体験
(農家さんの日頃の作業を体験)
◎ぶどう共撰所
(中野市のぶどうが集荷される現場見学)
◎ぶなしめじの施設見学・収穫体験
(一連のきのこ栽培の見学可能)
◎農産物加工施設にて、地元のお母さんとの交流
(アップルパイ・おやきの試食付)
◎昼食では移住者より経験話などを聞くことができます。
是非交流を! 他

この季節は、他にも収穫を控えたりんご畑の景色もご覧になっていただくことができますよ!
タイミングが合えば、中野市で生まれた品種「秋映」が収穫時期を迎えるはずです。
また、直売所『オランチェ』でお買い物も楽しみながら、北信州の農村での暮らしが体感できるようにご案内いたします。
「ちょうどいい田舎」信州なかのを一緒に巡りましょう!

~日帰りツアー内容~
旅行期日:令和元年10月6日(日)日帰り
募集人員:20名様(最小催行人員15名)
旅行代金:3,500円
受付開始9月2日(月)10:00~
募集締切:令和元年9月19日(木)
※申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※その他詳細はチラシを参照ください。

◆お問合せ・お申込みは下記にお願いいたします。
株式会社農協観光 長野支店
TEL:026-224-6100

https://www.city.nakano.nagano.jp/docs/2019051600044/

No.153 中野市地域おこし協力隊 中村(赤松)頼子

かぼちゃの収穫♪

8月26日

かぼちゃの収穫をしました。

「エダマメ畑」の隅に、除草軽減するためにかぼちゃを10ポットほど植えていましたが、初めての野菜作りの為、除草の大変さ、どのくらい収穫できるかなど全くわかっていませんでしたが、地域の方や家族の協力もありなんとか収穫までたどり着きました。

約60個くらいでしょうか。

夏の暑い時期の除草作業は大変で、日が暮れてから、早朝などに作業を進めていましたが、除草してもしても草は待ってくれません。

ですが、こんなに収穫できたら大変だったことも忘れて、また作りたい気持ちになりました!

来月はエダマメの収穫ができます。

あともう少しです!

葉が茂っているので、実が大きくなるか心配です。

就農・移住を検討されている方、一緒に「農ある暮らし」を体験してみませんか?

ご興味がある方は、是非、下記の農業体験をお勧めいたします!

中野市地域おこし協力隊 中村(赤松)頼子

-----------------------------------

ちょうどいい田舎 信州なかの がっつり農業体験!

「中野市ってどんなところ?
「どんな農業ができるの?」
あなたの質問にまるごとお答えします!
実際に来て、見て、体験できるプランをオーダーメイドでお作りします。

お問合せ先:中野市 振興係 

TEL:0269-22-2111(253)

詳細は下記URLを参照してください↓

 

 

 

 

 

 

移住・就農相談会情報

お盆を過ぎると、朝夕涼しくなるよ!と地元の方が教えてくださったとおりに

ちょっとひんやり気持ちの良い季節となりました。

今日は、雨が降る前の湿度が高めの気候ですが、風は涼しいので不思議な感じがします。

さて、今週末から来月にかけて就農・移住相談会に行きます。

10月に開催する予定の就農・移住者向けの日帰りツアーの案内も持参しますので、お気軽にブースにお立ち寄りくださいね!

◆就農・移住相談会情報

下記日程で相談会を開催し私もブースでお話させていただきます。是非、ご興味ある方にお声がけ・お越しください。お待ちしています。

8/31(土)東京・有楽町

『ゼロからはじめる農ある暮らし 楽園信州移住セミナー』

http://www.furusatokaiki.net/seminar_detail/?event_id=139645

9/7(土)東京・ベルサール西新宿

『長野県市町村・JA合同 就農相談会(東京開催)』

http://www.nagano-ninaite.or.jp/R1godo.html

9/14(土)

『マイナビ就農FEST(長野県特集)』愛知・名古屋ダイヤビルディング

https://agri.mynavi.jp/fest/aichi_190914/

中野市地域おこし協力隊 中村(赤松)頼子

農作業三昧!!!

6月はいたるところで、農作業を体験させてもらいました!

①桃・りんごの袋かけ作業

②プラム・りんごの摘果作業

③梅の収穫作業

桃の袋かけ作業。

梯子から落ちないように慎重に。

大俣地区の親方の元で研修しました。

「秋映」りんごの摘果作業。

作業に夢中で写真を撮り忘れることも多々・・・

小さな仕事の達成が、小さな自信に繋がるような気がしています。

美味しいりんごが作れるようになりたいな。

ファミリーで梅の収穫作業!

作業が終わったら、山菜採りを楽しんでいます。

天ぷらでいただきました。

里山の暮らしはやっぱり楽しい!

中野市地域おこし協力隊 中村(赤松)

 

エダマメ畑 in大俣地区

6月18日

やっとやっと植えられたエダマメ。

去年の末に開墾して張り切っていましたが、日帰りツアーの準備のツアーなどなどで、予定よりも遅くなってしまった、種まき作業をやっと6月18日にできました。

ちょっと時間が経つと草が生えて、種まきの時期を何度も逃して、トラクターで畑をおこして、やっとやっとの種まきでした。

畑にはハサミを持っていくことをお勧めします。。。

ビリっと破いてしまいました・・・

種まきをする時間帯には集中力が切れて、やっとの思いで蒔いた種。

一般のホームセンターで購入した種2種類と長丘青年部の皆さんに分けてもらった種も3列ほど蒔きました。

順調に育っています。

食べられるのは9月に入ってからかな~

中野市地域おこし協力隊 中村(赤松)

ナガノきのこ大祭2019

4月14日

週末に行われた「ナガノきのこ大祭」のサポートに行ってきました。

 

まず最初に目に入ったのが「えのき氷入り食パン」でした。

こちらはきのこマイスター協会が中野市の「旭製パン」さんに依頼して普段よりもえのき氷多め(えのき氷15%入り)で作っていただいた、ナガノきのこ大祭限定のパンです。

ふわふわもっちり美味しかったですよ~♪

竹内きのこ園さんが販売サポートされていました🍄

私は去年取得したきのこマイスター協会の皆さんとご一緒のお手伝い。

胞子活動中のベストを着用して張り切りました♪

🍄きのこ釣り🍄きのこもぎ採り体験🍄えのき氷入りのパンケーキ🍄きのこポットワークショップetc・・・

他の出店者もきのこに関する食材や雑貨など幅広く販売やPRされて賑わっていました。

中野市からも多数の出店者様がいらっしゃり交流させていただきました。

中野市出店者:JA中野市・HARADASHOTEN×マルヨ×ダイマツ・高見澤特産事業部・HEARTS(敬称略)

中野市出身在住の新聞アート 佐藤いずみ先生も出展しワークショップで子供たちに新聞できのこ作りをしていましたよ🍄

新聞のみでできたきのこ帽子をかぶって記念撮影🍄無着色で新聞のカラー刷りを活用したスゴイ作品。

中野市内の施設や店舗などでかわいい作品が展示されているので、もし中野市へお越しの際は是非、「新聞アート作品」を探して巡ることもお薦めの楽しみ方だと思います。

また、お二人のきのこ芸人の方もプライベートで来場されていました🍄

◆きのこ芸人の酒井きのこ(各駅マッシュ)さん

きのこポットワークショップに参加してくださいましたよ🍄

ありがとうございます。

※長野県池田町出身で、きのこの季節は頻繁に帰郷して山へキノコ狩りへ🍄

◆きのこ芸人クラドメタケさんはきのこマイスター主催のきのこシンポジウムへ坂井きのこさんと飛び入り参加🍄

※きのこファッションかわいかったです♪

お二人のきのこ愛の深さは本物でした🍄

◆様々な分野できのこを楽しむことができる「きのこ大祭」全国各地で開催されます。詳細は↓をご参照ください。

オオサカきのこ大祭

ヨコハマきのこ大祭

きのこは色々なカタチで盛り上がっていることを実感しました!

是非、きのこファンの皆様にも「えのき茸生産日本一の町」中野市にも遊びに来てもらいたいですね!

お待ちしております♪

交流してくださった皆様ありがとうございました!

中野市地域おこし協力隊 赤松

 

 

 

 

 

やっと春を感じています。

4月4日

4月に入ってからも雪が降ったりする北信州の春。

今日は過ごしやすい、春風が気持ちいい一日です。

道端に花が咲き始め、そろそろ果樹の花も咲いてきます。

中野立志舘高等学校のグラウンド脇にも春を見つけました。

つくし。

たんぽぽ。

今日は入学式でいつもよりにぎやかな中野市内です♬

赤松

 

 

新しい仲間が増えました!

4月2日

新しい年度のスタートです。

新しい仲間も増えました。

諌山未来雄(イサヤマ ミキオ)さんです!

主なミッションは有害鳥獣対策と果樹栽培振興。

他にも廃校となる学校の利活用や農業体験ツアーなども計画しています。

農業体験ツアーは、私も企画中なので一緒にできるよう、お互いサポートできるように早速話し合っています!

エダマメ畑へも案内。

草が5cmくらい伸びたころに畑をおこす作業の予定です。あともう少しです。

諌山さんはSNSの発信力があるので、ポイントを学び中野市のPRに繋げていきたいと思います。

Instagramの発信は今後、諌山さんメインでパワーアップしていきますね!

中野市地域おこし協力隊Instagram

他にも下記施設を案内し、動きやすい環境づくりをサポートしました。

中野市観光センター

♬観光の情報収集スポットです

♬VR体験もできます

♬土人形絵付けコンテストも開催中

ぽんぽこの湯

♬中野市屈指のビュースポット

日本土人形資料館

♬郷土の体験&ビュースポット

一本木公園

♬バラの町中野市をPR

信越自然郷アクティビティーセンター

♬北信州のアクティビティー情報収集&レンタルサービス

まだまだ紹介したいスポットがたくさんあります。

これから一緒に中野市をPRできたら嬉しいです♬

赤松

 

 

 

 

 

 

 

 

やしょうま

3月16日

郷土食「やしょうま」はお釈迦様の命日に仏壇に供える米粉で作った細長いだんごのことです。

現在では、彩りゆたかな柄のやしょうまや、ゴマや青のりなどシンプルな味のものなどがあります。

地域の中で「やしょうま」がどのように引き継がれているのか知りたくて、大俣地区の「やしょうま法要」に取材へでかけました。

大俣地区には無量寺というお寺があります。現在はおっしゃん(お坊さん)不在ですが、谷巌寺よりおっしゃんをお迎えし、法要を執り行います。

まずは、お寺の脇にある大日堂で、法要です。

立派なご仏壇がありました。

移動し、お寺にて法要です。

お釈迦様の涅槃図がかけられており、地区の皆さんとお参りをします。

お供えされたやしょうま赤飯は、地区の皆さんへ配られます。

女性のサポートがないと継続できない文化ですね。

やしょうまの柄も様々あってステキでした。

右下はアンパンマン。子供たちも喜びますね!

法要後は、各家庭よりお持ちよりしたお惣菜やお漬物などでおもてなしです。

私もおすそわけいただきました。おいしかったです。ありがとうございます。

やしょうまは郷土食の一つですが、背景にある行事を代々受け継いでいる地域の方がいるからこそ根付いている伝統食なのだと思いました。

赤松

vol.1 えのきっさ行ってまいりました! in銀座NAGANO

2月12日

おはようございます。

2月12日(火)銀座NAGANOにて2階イベントスペースを貸し切り、「中野ひな市」の雰囲気を再現した会場で、「cafe えのきっさ」「移住相談会」を開催しました。

中野ではおなじみフグのり大黒様。

中央に「夢さち」の皆さんのつるし飾りが彩り、各テーブルなどにはぶなしめじのボトルがテーブルフラワー⇒テーブルきのことして会場の雰囲気を盛り上げていましたよ~♪

■ぶなしめじのボトルは、以前工場見学で伺った宮沢産業さんにお世話になりました。

夢さちの皆様はワークショップも対応いただき、お客様に喜ばれていました!

入口にナカノノキノコ&特産物など販売ブースです。

◆販売ブースラインナップ◆

■やっぱりきのこ!中野の代表をJA中野市さんにご協力いただきました。

黒アワビ茸、しめじ、フラワーエノキ、ナメ茸などなど、多様なきのこ三昧です!

つどい農園さんの干しブドウ。中野で新規就農された農家さんのご紹介も兼ねました!(種なし干しブドウ・シャインマスカット)

まつじるし農園さんのりんごジュース。元地域おこし協力隊の奈月さんとご主人で新規就農し、営んでいる農園で採れたりんごで作ったりんごジュースです。cafeメニューでも好評でした。

斑尾ぼたんこしょう保存会ぼたんこしょう味噌と柚子胡椒。小さな小瓶サイズでお手頃です。私もお土産で活用させていただいています。

きのこのおやき中野市豊田加工施設利用組合のお母さんたちが手作りしている信州のソウルフードです。

■フレッシュなサラダミックスを栽培している渡辺園芸さんのサラダも好評でした。JICAでパナマに赴任した経験もある中野生まれの農業男子です。

こちらが渡辺さんのサラダです。市内でも販売しているので見た方もいらっしゃるのでは?テトラパッケージがかわいい。

他にも物販した商品がありますが、次の回で改めてご紹介いたしますね!

また今回、残念ながら就農希望、検討している方のご相談はありませんでしたが、知人、友人を含め、個人的に案内した9名の方が来場し、中野市に興味を持ってもらえたことが大きな収穫でした。

中野市職員の方々も銀座NAGANO入口にて集客を行い、通りがかりやショップにお買い物にいらしたお客様など多数ご来場いただけ、ひな市の時のような盛り上がりがありました。

今回の結果報告も活用しながら、より多くの方に中野市の魅力を発信していきたいと思います。

あかまつ