やしょうま

3月16日

郷土食「やしょうま」はお釈迦様の命日に仏壇に供える米粉で作った細長いだんごのことです。

現在では、彩りゆたかな柄のやしょうまや、ゴマや青のりなどシンプルな味のものなどがあります。

地域の中で「やしょうま」がどのように引き継がれているのか知りたくて、大俣地区の「やしょうま法要」に取材へでかけました。

大俣地区には無量寺というお寺があります。現在はおっしゃん(お坊さん)不在ですが、谷巌寺よりおっしゃんをお迎えし、法要を執り行います。

まずは、お寺の脇にある大日堂で、法要です。

立派なご仏壇がありました。

移動し、お寺にて法要です。

お釈迦様の涅槃図がかけられており、地区の皆さんとお参りをします。

お供えされたやしょうま赤飯は、地区の皆さんへ配られます。

女性のサポートがないと継続できない文化ですね。

やしょうまの柄も様々あってステキでした。

右下はアンパンマン。子供たちも喜びますね!

法要後は、各家庭よりお持ちよりしたお惣菜やお漬物などでおもてなしです。

私もおすそわけいただきました。おいしかったです。ありがとうございます。

やしょうまは郷土食の一つですが、背景にある行事を代々受け継いでいる地域の方がいるからこそ根付いている伝統食なのだと思いました。

赤松

さくらんぼ農園の様子

2019年3月1日

先日、さくらんぼ農園へ見学に行きました。

さくらんぼ狩りは6月頃かと思いますが、最初にくだもの狩りを楽しめる果樹が現在、どのような様子か観察に♪

こちらは去年の6月に園地を訪れた時の写真です。

試食もしましたが、完熟したさくらんぼは絶品です!さくらんぼ狩りの魅力の一つですよね!

現在の圃場の様子です。まだ葉がないのですっきりした園内です。

園内には数種類のさくらんぼの木が植えてあり、品種によって味の違いを楽しむこともできます。

ここからどのように成長して実がなるのか楽しみです。

蕾が芽吹いていました♪

まだ雨除けされていないので、見上げると青空がきれいに見えます。

今しか味わえない景色です。

赤松

 

 

 

帯の瀬ハイツの見学

3月1日

帯の瀬ハイツの見学に行きました。

今後、農業体験やその他の活動でも、いつでも活用できる施設を知ろうと思い行ってまいりました。

せっかくなので、地元の同世代女性、水橋さんもお誘いしました。

帯の瀬ハイツは高齢者の方が利用する場所と思い込んでいましたが、誰でも利用できる多目的な施設だったのです。使用料金もリーズナブルです。

今日は一部ご紹介したいと思います。

帯の瀬ハイツといったらお風呂のイメージがありますよね。男女別にあります。

のれんはこんな感じ。

こちらは多目的ホール。

畳敷きで舞台もあり、催し物などがあったりします。こちらも借りることができます。

音楽会などもできる感じでした。

こんな遊具もありました。

他にも畳敷きの部屋や会議室などもあり、趣味の会や地域の会の皆さんが利用されているとのこと。

調理室もありましたよ。料理の会の皆さんに活用してもらいたいですね!

レトロなマッサージチェアや寄贈?された絵画など、今の視点でみるとおもしろグッズもまだありそう。

佐藤いずみ先生(新聞工作)の作品が!

東山 帯子さん。名前がステキ♪

脇田 勝子さんのほっこり人形も初めて見ましたがすてきでした。

季節によって展示が変わるようです。これも楽しみですね!

館内を案内してくださった小野さんありがとうございます。

もっと色々な世代の方にも利用していただきたいとお話がありました。

一度活用したら、「こんなにいい施設が中野市にあったんだ!」って思えるような良い施設です。

次回は使用の仕方などをご紹介したいと思います。

赤松

味噌づくり

3月2日

今年はじめての味噌づくり。

大豆を育てる予定なので、もしお味噌に加工できたらみんなに喜んでもらえるのでは。と思い、「ふきのとう」の皆さんに混ぜてもらい、一緒にお味噌づくりを体験してきました。

みんなで持ち寄った大豆を大きな釜で煮ます。

もみもみ。糀と塩を混ぜ合わせます。糀は芋川糀店にお願いしました。

いい具合に煮立ちましたよ~

煮立った大豆をつぶします。

つぶした大豆を冷まします。

塩と混ぜ合わせた糀と良く混ぜ合わせます。

みそ玉を作って。

各樽へ入れます。

食べれるのは来年。一年間発酵して美味しいお味噌になる予定。

この地域では、各家や地域で作っていた文化があり、お味噌やさんも多くあり、味噌作りのワークショップなども多数あるように思えます。

大豆を作る楽しみにも繋がりますね♪

赤松

 

ようこそ中野市へ!

2月15日

先月の内容です。

栄村の地域おこし協力隊 杉森隊員が中野市へ視察にいらっしゃいました。

栄村は中野市より雪深く、屋根の雪下ろしなどが大変な地域です。

中野市の屋根雪の少なさに驚いていました。

住んでいる地域により見方は様々ですね

今回案内した場所は、中野市の中でも景色が良いと思った場所です。

午前中は協力隊の活動内容について意見交換をし、午後より市内視察を行いました。

【中野市内ご案内】

①中野市役所庁舎の案内。5階より見る高社山は絶景ですよね!

②エダマメ畑(予定)大俣地区

③標高約800m ぼたんこしょうの里 梨久保地区

エダマメ畑(予定)の初めてのお客様となりました!

景色がいい!と他の地域の隊員に言ってもらえると嬉しいですね。

夕暮れ前の梨久保地区の景色。

今度は私が栄村を視察し、お互いの地域の魅力に共感し、それぞれの特産物のPRもしていきたいと思いました。

杉森隊員、中野市へお越しいただきありがとうございました!

他地域の隊員の皆様も、視察大歓迎です!

ご連絡お待ちしています。一緒に地域を盛り上げていきましょう。

赤松